受け口 (反対咬合)への食事でのアプローチ

子どもたちの噛み合わせに多いものの一つが反対咬合(受け口)です。 この受け口の子に有効なアプローチ。それはスプーンの角度です。食事を与える際に、スプーンを下の角度からお口に持っていきます。スプーンを下から持っていくと、上顎を前に出してスプーンを捕らえないと食べることが出来ません。よって、スプーンを上顎から捉えるようになり受け口の改善に効果的なのです。VID_20190424_121714.mp…

続きを読む

ル・タンデ保育園の電話番号が変わりました!

こんにちは😊キッズガーデン ルタンデ保育園です。4月、新しい年度がスタートしましたね!🌸ドキドキな毎日、ステキな一年になりますように✨✨ ルタンデ保育園からのお知らせです。電話番号が変更になりました。これまではなだ歯科クリニックへのお電話でご予約を受けておりましたが、今後は新しい番号へのお電話をお願い致します。 新しいお電話番号はキッズガーデン ルタンデ保育園092-558-0027です。お…

続きを読む

前歯が萌えそろったらどのくらいの大きさの食材?ええ

前歯上下、奥歯も萌えてきたらまずは一口大で、歯ぐきでつぶせるものを与えましょう。      さらに一口大に慣れてきたら、2〜3口大の大きさにしていきます。      このくらいの大きさになると一口では食べられないので、前歯で噛みちぎることを覚えます。       奥歯が萌えそろうまでは大人が食べるものより柔らかいものになり、あまり噛まなかったり詰め込んでしまいがちです。しっかり一口大を覚えるため…

続きを読む